公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

ニュース

ニュース 男子日本代表

平成30年度 男子TOP日本代表チーム
「2019 WBSC 第16回世界男子ソフトボール選手権大会」
出場選手「17名」が決定 !!

来年6月の世界男子選手権大会に向けて、
新たに「男子TOP日本代表チーム」を編成 !!

11月16日~18日の3日間にわたり、高知県高知市において
代表選手(世界選手権出場選手)選考会が実施された

選考会には全国の実業団・クラブ・大学から65名が参加!
「代表17名入り」をかけ、激しいサバイバルが繰り広げられた

すべての選手を横一線に並べ、厳しく選考。
前回に続き「最高球速」を叩き出した剛腕・岡﨑建斗が
実戦で結果を残せず、落選する等、シビアなものに…

前回に増して「若い力」が台頭! 3日間の選考会を経て…

「世界での活躍が期待できる」若手を積極的に抜擢!
メンバーは前回大会以上にフレッシュな顔ぶれとなった

今春のアジア男子選手権大会で「大活躍」を見せた
八角光太郎(国士舘大)もTOPチーム初選出!

岡本友章ヘッドコーチの手腕にも、大いに注目したい

新生・男子TOP日本代表、始動!
来年2月のニュージーランド遠征で強化に励み、
その後、6月の「世界選手権」へ挑むこととなる

 去る11月16日(金)~18日(日)の3日間、高知県高知市/高知県立春野総合運動公園を会場に「平成30年度 男子TOP日本代表チーム選手選考会」が実施され、全国の実業団・クラブ・大学から65名の選手が参加。(公財)日本ソフトボール協会選手強化本部会男子強化委員の面々が選考委員を務め、「実戦主体」の厳しい選考の結果、「平成30年度 男子TOP日本代表選手(17名)」が正式に決定した。

 今回実施された選考会は、来年6月の「WBSC 第16回世界男子ソフトボール選手権大会/チェコ・プラハ(大会期日:6月5日~25日)」に出場する男子TOP日本代表選手の選考を目的としたもので、参加選手たちはその「代表17名入り」をかけて厳しい選考に挑んだ。

◆参加選手を横一線に並べ、厳しく選考!

 選考会冒頭では、前回の世界選手権に続き男子TOP日本代表チームの指揮を執る岡本友章ヘッドコーチ((公財)日本ソフトボール協会常務理事・選手強化本部会男子強化委員長)が挨拶に立ち、「前回(一昨年)の選考会でもはじめに話をさせてもらいましたが、私は選手選考に関し、『日本リーグに所属する選手』だからといって『特別扱い』するつもりは一切ありません。その他の実業団・クラブ・大学からも『世界のレベルで通用する可能性がある』と判断した選手は積極的に選出していきたいと考えていますし、すべての選手を横一線に並べ、皆さんには『真に激しく』競い合ってもらいたい! 世界選手権の舞台では『5大会連続5位』という悔しい成績が続いておりますが、皆さんと協力・切磋琢磨しながら何とかその『壁』を破り、『メダル獲得』を果たしたいと思っておりますので、ぜひ、よろしくお願いします!! 」と参加選手を激励。

 選考会初日は、参加選手全員の基本的な能力(遠投、50m走、ベースランニング、握力、背筋力)をチェック。また、投手の球速測定、シートノック、走者を進塁させたいケースでバント・スラップ等を確実に決めることができるか否かの確認、捕手のスローイング(盗塁を想定した二塁への送球)計測等も行われた。
 また、この日の夜は参加選手の個人面談も実施。前回の選考会同様、岡本友章ヘッドコーチ自ら選手一人ひとりと直接向き合い、じっくり対話。様々な質問を投げかけ、技術だけでなく、選手のメンタル面にも踏み込んだ内容の面談が行われた(※個人面談は初日・2日目の夜と2日間にわたって実施された)。

 選考会2日目・3日目は実戦形式での選考。選考委員によって振り分けられた各グループがそれぞれ対戦する紅白戦の中で選考が行われ、投手は限られたイニングの中で、打者は限られた打席の中でいかに「結果を残すことができるか」という非常にシンプルで重要な部分が選考のポイントとされ、参加選手の「実戦能力」が厳しく見極められた。参加選手たちは「最大のアピールの場」となったこの2日間の実戦でも、一投・一打、持てる力を振り絞り、懸命にプレー。最後の一球、ワンプレーまで熾烈なサバイバルを繰り広げ、選考会の全日程を終了した。

◆「若い力・可能性」に期待!
 “世界の4強の壁”を……ぶち破れ !!

 今回発表された「平成30年度 男子TOP日本代表チーム(※2019 WBSC 第16回世界男子ソフトボール選手権大会出場選手)」の顔ぶれを見てみると、17名の内「9名」の選手が「世界選手権初出場」となり、前回大会に比べより「フレッシュな構成」になった。

 まず投手陣では、6名選出の内、小山玲央(日本体育大)、池田空生(花王コスメ小田原)、寺原瑞希(旭化成)の3名が初の世界選手権に挑むこととなる。
 その中で最も注目されるのは、やはり「2016年の世界ジュニア選手権優勝投手」であり、今夏の全日本大会でも「インカレ・全日本総合優勝」の「二冠」を成し遂げた小山玲央。世界ジュニア選手権優勝直後の前回の選考会にも参加し、23名の日本代表候補に選出。最終選考の場となった翌年のニュージーランド遠征も経験したが、残念ながら世界選手権出場メンバーからは落選していた。しかし、この「悔しさ」をバネに己を鍛え、磨き直し、一回り大きく「成長」。今年国内では「無敵」ともいえる抜群の安定感を見せつける等、実力で再びTOPチーム入りをつかみ取った。全日本総合選手権の際には、対戦した“世界最高のサウスポー”アンドリュー・カークパトリック(ダイワアクト/オーストラリア代表)からも「さすがU19で世界を制した逸材! 彼は現在『日本でNo.1の投手』といっても過言ではないだろう」と絶賛されていただけに、来年6月の本大会でどのようなピッチングを見せてくれるか!? 非常に楽しみである。
 また、今回の選考会で並み居る強打者を抑え込み、選考委員を唸らせた大型右腕・池田空生も期待の新戦力として注目したい投手。特に得意とする「ライズボール」は「打者の手元で鋭く浮き上がる」独特の変化・切れ味があり、岡本友章ヘッドコーチも高く評価。まだ海外の打者との対戦経験がなく、国際舞台で活躍できるか「未知数」ではあるものの……この「日本代表抜擢」を「意気」に、臆することなく、思い切って世界の強豪へ挑んでもらいたい。

 野手においては、井上知厚(平林金属)、八角光太郎(国士舘大)、宇根良祐(平林金属)、池田寛人(愛媛ウエスト)、宮路充(YKK)、黒岩誠亥(トヨタ自動車)の6名が世界選手権にはじめてチャレンジ。
 今シーズン「日本リーグ完全制覇(※西日本リーグ・決勝トーナメント優勝)」を飾った平林金属の二遊間コンビ・井上知厚、宇根良祐ら「伸び盛り」「売り出し中」の若手が順当に名を連ねる中、目を引くのは八角光太郎の抜擢だ。八角光太郎は今春、「全日本大学男子選抜チーム」の「主力」としてアジア選手権に出場。来年の世界選手権の予選を兼ねたこの大会で、大学生ながら「首位打者・本塁打王・打点王」の「三冠」に輝き、打撃部門の個人タイトルを総ナメ! 文句なしで「MVP」も手にし、世界選手権への出場権獲得・大会6連覇の偉業達成の原動力にもなった。この「アジア選手権での大活躍」が当時チームリーダーとして帯同した岡本友章ヘッドコーチに「強烈なインパンクト」を与えたことは間違いなく、投手の小山玲央同様、「次代のスター候補」として積極的に登用される形になったといえるだろう。
 今回の代表選手選出に至っては、岡本友章ヘッドコーチの「男子日本代表の未来を創造する」想いが込められている。「可能性ある若手を積極的に引き上げ、『世界トップレベル』に挑ませることによって、早くから『日本代表としてのプライド』を植え付けていく。そしてその中で彼らのポテンシャルをさらに引き出し、『覚醒』させ、真に次代を担っていける選手へ育てていきたい」という自身の決意・覚悟も秘められているのではないだろうか。

 今後は世界選手権本番に向け、この「若い力・可能性」をいかに他の選手たちと「融合」させていくかがポイントになってくる。若手が躍動することも大切だが、中堅・ベテラン選手の奮起も大舞台を勝ち抜くためには当然必要。今回で「4度目の世界挑戦」となる松田光(平林金属)、高橋速水(高知パシフィックウェーブ)、浦本大嗣(ホンダエンジニアリング)、片岡大洋(高知パシフィックウェーブ)の「ベテラン勢」がこれまでの経験をどう伝え、どう活かしていくか!? 森田裕介(豊田自動織機)、山脇佑也(デンソー)、大石司(ホンダエンジニアリング)ら「前回に続いて2度目の選出」となった選手たちは、今回の世界選手権で「真価」が問われることになる。直近の国際大会(※今夏に参戦したインターコンチネンタルカップ)で「結果を残した」池田寛人(愛媛ウエスト)、黒岩誠亥ら「旬な選手たち」のさらなる活躍も求められるところであり、来年2月のニュージーランド遠征でどこまでチームを強化できるか?? まずは注目したいところ。個々がチームとして一つにまとまり、「確かな手応え」「収穫」を持ち帰ってきてくれることを期待したい。

 男子TOP日本代表は今後、来年2月(2月4日~18日)にニュージーランド遠征を実施し、2月7日~10日:ニュージーランド・オークランドで開催される「インターナショナルチャレンジカップ」、2月14日~17日:ニュージーランド・クライストチャーチで開催される「ナショナルファストピッチチャンピオンシップ」にそれぞれ参戦。「世界ランキング1位」に君臨するニュージーランド、「世界の4強の一角」と評されるオーストラリアらと対戦を重ね、本格的な強化に励む予定となっている。

出場選手

No. 守備 氏名 所属名
1 投手 松田 光 平林金属
2 小山 玲央 日本体育大学
3 池田 空生 花王コスメ小田原
4 山脇 佑也 デンソー
5 寺原 瑞希 旭化成
6 高橋 速水 高知パシフィックウエーブ
7 捕手 大石 司 ホンダエンジニアリング
8 片岡 大洋 高知パシフィックウエーブ
9 内野手 浦本 大嗣 ホンダエンジニアリング
10 井上 知厚 平林金属
11 八角 光太郎 国士舘大学
12 筒井 拓友 大阪桃次郎
13 宇根 良祐 平林金属
14 外野手 池田 寛人 愛媛ウエスト
15 森田 裕介 豊田自動織機
16 宮路 充 YKK
17 黒岩 誠亥 トヨタ自動車

スタッフ

No. 役職 氏名 所属名
1 ヘッドコーチ 岡本 友章 高知パシフィックウェーブ
2 アシスタントコーチ 吉村 啓 平林金属
3 総務兼アシスタントコーチ 照井 賢吾 高崎市役所
4 トレーナー 田岡 幸一 Body Laboratory
5 マネージャー 三村 奈弓 ホンダエンジニアリング
PageTop