公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

ニュース

ニュース 男子日本代表

男子TOP日本代表レポート

「5位の壁」をぶち破れ!
迫る世界選手権に向けて、チームを本格強化!!

 去る6月8日(木)~11日(日)の4日間、岡山県岡山市において「男子TOP日本代表・第1次国内強化合宿」が実施され、来る7月7日(金)~16日(日)、カナダ・ホワイトホースで開催される「第15回世界男子選手権大会(※大会情報、試合スケジュール等はこちら)」に出場する男子TOP日本代表選手(17名)が参加。実戦主体の強化に励んだ。
 今回の国内強化合宿は、地元・平林金属の全面的なバックアップにより、計3試合のテストマッチを実施。また、現在日本に“ソフトボール留学中”の外国人投手(※昨年の世界ジュニア選手権に出場したボツワナ代表チームの「エース」で、今年、日本男子西日本リーグ・ダイワアクトに「練習生」として参加している「速球派右腕」サムエル投手が協力)にサポートを依頼する等、世界選手権「本番」を想定した“打ち込み”が行われ、日本の投手とは違う投球フォーム、また、球威、球筋、変化球(ライズ・ドロップ)の切れに対して、どう対応し、攻略していくか……「世界基準・国際大会使用のバッティング」に磨きをかける取り組みにも多くの時間が割かれた。

男子TOP日本代表が第1次国内強化合宿を実施!

合宿前には「世界男子選手権出場」のPRも兼ね、
代表選手・スタッフが岡山市役所を表敬訪問した

その「PR効果」もあり、合宿当日は大勢の報道陣がグラウンドに!

選ばれし「日本代表17名」が集結! 本番に向け、いよいよ戦闘モード!!

夜のミーティングでは、前回大会の映像を入念にチェック

来日中の外国人投手にサポートを依頼し、「打ち込み」も行った

合宿2日目・3日目には平林金属の協力を得て、
計3試合のテストマッチを実施。「実戦」でチームを強化した

今回の合宿でも「最速」を叩き出していた岡﨑建斗
130㎞/h超の剛球が、再び世界の舞台で唸りを上げる!

合宿中は、訪れた地元の子どもたちとも積極的に交流
「頑張れ! 男子日本代表!!」とたくさんのエールを送ってくれた

 合宿初日、午後に集合した男子TOP日本代表選手たちは、早速会場となるHIRAKINライズ球場へと移動。長めのウォーミングアップで個々のコンディションをチェックしながら、キャッチボール、トスバッティング、シートノックに入って汗を流すと、この後ゲームノックで守備の連係を入念に確認。夜には選手・スタッフが再度集まり、チームミーティングも行われた。
 ミーティングでは、まず、今回男子TOP日本代表チームの「キャプテン」を務める高橋速水選手が「2月のニュージーランド遠征の際にも話をしましたが、皆で一丸となって戦い、勝つために、とにかく『雰囲気の良いチーム』を作っていきたいと思っています! そのためには個々が自分の役割をしっかりと考え、行動し、『全員で協力』し合わなければなりません。言葉で言ってしまえば非常にシンプルですが、これは皆さんの理解・協力がなければ決して成立するものではありません。また、チームとして戦う以上こういった基本的なことができなければ……良い結果を残すことはできないとも考えています。今回の世界選手権では何としても『5位の壁』を破りたい!! ここに集まった代表選手はもちろん、スタッフの方々を含め、チーム全員が同じ方向に向かって一丸となり、頑張っていきましょう」と力強く決意表明。
 次に、前回の世界選手権の映像を振り返りながら、オーストラリア、ベネズエラ、アルゼンチンといった「世界トップレベルの投手」の投球シーンをチェック。球速135㎞/h超のライズ・ドロップを投げ込み、「世界最速の右腕」と評されるオーストラリアのアダム・フォーカードをはじめ、同じく球速130㎞/h台の「消えるように落ちるドロップ」を武器に、前回の世界選手権で3位に食い込んだベネズエラのラモン・ジョネス(※今大会、日本は予選リーグ初戦でこのベネズエラと対戦する)ら“世界一線級”と言われるプレーヤーたちの映像を視聴し、「本番で戦うイメージ」を膨らませた。
 また、映像を見終わった後、自身も日本代表時代に「ワールドレベルのスラッガー」として名を馳せた岡本友章ヘッドコーチが「世界トップレベルの投手を打ち崩すために重要となる要素」を選手たちに説き、「2月のニュージーランド遠征でも強く感じたことだが、私の日本代表時代と比べて、『今の打者』は『動きの中でボールをとらえる打者』が多い。私はどちらかと言うと『止まった状態からバットを振り抜く打者』で、例えばアウトコース広めの厳しいところで勝負され、そこにバットが届かなければ……負けという感じだったが、松田や大石ら『現在活躍している打者』を見ていると、相手投手が投げ込んでくる球種・コースに対して自らが動き、つかまえにいくような打ち方が主流となっているように思う。ポイントは、そういった中で“世界一線級”の投手が投げ込んでくる球速130㎞/h台のライズ・ドロップをどう打つかということ。まずはとにかく、試合に臨む前、打席に入る前から、何度も何度も自分自身で『ボールをとらえ、打ち返すイメージ』を作っておかなければならない。ドロップをはってたとえそれを打ち損じたとしても、次のライズにどう対応するか……事前に『自分が打つ良いイメージ』を作り上げておくことが非常に重要になってくる。私もこれまで世界選手権の舞台で何本かホームランを打ってきたが、綺麗に引っ張って叩き込んだホームランは1本だけ。『世界トップレベルの投手』との対戦ではどうしても差し込まれ気味になるし、実際、左中間(逆方向)への打球がほとんどだった。幸い私の場合は力があったので、それでもそこそこの結果を残すことができたが、今のようにここまで世界の投手力が上がってくると、ある程度動いた状態で打ちにいかないとなかなか難しい。『止まって打つ』か、『動いて打つ』か……いずれにしても『本番』でコツをつかみ、ハマれば劇的に打てる可能性があるので、今回の合宿では各々がそういったイメージを大切にしながら『世界に通用するバッティング技術』を磨いていってほしい」と“世界の舞台”で実績を残した岡本友章ヘッドコーチならではの考えが伝えられた。

 合宿2日目は、午前中、ボツワナ・サムエル投手のサポートを得てフリーバッティング。身長2m近いサムエル投手が投げ込む「120㎞/h後半」の速球を打ち込み、午後からは地元・平林金属の協力のもと、テストマッチ1試合が行われた。

 合宿3日目は、同じく平林金属の協力のもと、午前・午後で1試合ずつ計2試合のテストマッチを実施。合宿最終日は、ゲームノック、フリーバッティング等で「攻守の仕上げ」を行い、全日程を終了した。

●前回大会経験選手をベースに
初選出「7名」がどこまでやれるか!?


 今回の「第15回世界男子選手権大会」出場選手の顔ぶれを見てみると、前回大会に出場したメンバーをまず「主力」に置きながら、昨年12月の選考会、また、今年2月の海外強化合宿(ニュージーランド遠征)で結果を残した選手を積極的に選出。選手全体の年齢で見ても、これまで3大会連続で世界選手権に出場し、チームのまとめ役としてリーダーシップを発揮してきた松岡真央、中村健二、照井賢吾らベテラン勢が抜け、「若手主体」のチームへと世代交代する形となった。

 世界選手権初出場となるのは、客野卓也(愛媛ウエスト)、山脇佑也(デンソー)、大石司(ホンダエンジニアリング)、古敷谷亮(高知パシフィックウェーブ)、小見山敦吏(平林金属)、床井優介(ホンダエンジニアリング)、森田裕介(豊田自動織機)の7名。
 特に、2月の海外強化合宿中に参戦した「ニュージーランド インターナショナルチャレンジカップ」でインパクトのある活躍を見せた森田裕介(※予選リーグ第8戦のニュージーランド戦で決勝ツーランを放ち、チームを勝利に導いた)をはじめ、国際大会の舞台でも「一発」が期待できる大石司、小見山敦吏らのパワフルなバッティングには注目したいところ。
 投手陣では、百戦錬磨のベテラン・照井賢吾に代わり、チーム「唯一のサウスポー」として初選出された客野卓也ら「新たな顔ぶれ」が世界選手権「本番」でどこまでやれるか。昨年の世界ジュニア選手権で優勝投手に輝いた期待のホープ・小山玲央(日本体育大)が最終的に落選したという事実は残念な限りだが、山脇佑也とともに自らの「持ち味」を最大限に発揮し、今大会のキープレーヤーとなってくれることを期待したい。

 そして今回、何といっても世界の舞台で爆発してほしいのが……「前回大会を経験した選手たち」である。前回大会で「日本人最速」となる130㎞/hを連発しながら、最後、「勝ち切る投手になれなかった」岡﨑建斗。国内で数々のタイトルを獲得してきた松田光も、まだ「世界の舞台」では目を引く活躍を見せていない。2年前の「リベンジ」を果たすためにも、ぜひ、大暴れしてもらいたいところだ。

 男子TOP日本代表は、今後、7月3日(月)に日本を出発し、カナダへと入る予定。現地ではテストマッチを実施する等「最終調整」を行い、いよいよ「第15回世界男子選手権大会」の開幕を迎えることとなる。

 このところ、世界選手権の舞台では4大会連続「5位の壁」に阻まれている男子TOP日本代表。今回の戦いで再び世界の強豪と肩を並べ、“世界の頂点”が狙える位置へと戻ることができるか。その戦いに期待したい!

第15回 世界男子ソフトボール選手権大会出場選手・スタッフ名簿

選手

No. 守備 氏名 支部 所属
1 投手 岡﨑 建斗 大阪 大阪桃次郎
2 客野 卓也 愛媛 愛媛ウエスト
3 高橋 速水 高知 高知パシフィックウェーブ
4 松田 光 岡山 平林金属
5 森 勇紀 長崎 Neo長崎
6 山脇 佑也 愛知 デンソー
7 捕手 大石 司 栃木 ホンダエンジニアリング
8 片岡 大洋 高知 高知パシフィックウェーブ
9 内野手 糸瀬 勇助 栃木 ホンダエンジニアリング
10 浦本 大嗣 栃木 ホンダエンジニアリング
11 古敷谷 亮 高知 高知パシフィックウェーブ
12 小見山 敦吏 岡山 平林金属
13 澤田 優生 大阪 大阪桃次郎
14 米良 孝太 宮崎 旭化成
15 外野手 川田 直諒 宮崎 旭化成
16 床井 優介 栃木 ホンダエンジニアリング
17 森田 裕介 愛知 豊田自動織機

コーチングスタッフ

No. 役職 氏名 支部 所属
1 ヘッドコーチ 岡本 友章 高知 高知パシフィックウェーブ
2 アシスタントコーチ 浜口 辰也 栃木 ホンダエンジニアリング
3 アシスタントコーチ 吉村 啓 岡山 平林金属
4 トレーナー 田岡 幸一 北海道 Body Laboratory
5 マネージャー 三村 奈弓 栃木 ホンダエンジニアリング

PageTop