公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

男子東日本

日本リーグ 日本男子リーグの歩み

日本男子リーグの歩み

 1968年、2年後(1970年)に開催の迫った「第2回世界女子選手権大会」への選手強化を目的に「日本女子リーグ」が創設された。 1972年には「日本実業団女子リーグ」が併設され、1982年に統合。現在のリーグの原型が形作られ、1988年に「3部リーグ」が東・中・西の3地区で創設。一時はチーム数が増加し、東日本リーグ、中日本リーグでは、その中にさらに「Aブロック」「Bブロック」に分ける等、拡大の一途を辿ったが、景気後退の波を受け、2000年には東・中・西の3地区制が「イースタン」「ウエスタン」の2地区制に移行。2002年には3部リーグとして一つになり、2006年には2部リーグ・3部リーグを統合し、現在の1部・2部制となり、現在に至っている(女子リーグの情報は「日本女子ソフトボールリーグ機構」オ フィシャルサイトでhttp://jsl-women.com)。

 男子は1972年にリーグを創設。1992年に2部リーグが作られ,1部・2部制となったが、2004年に1部・2部制から「東日本リー グ」「西日本リーグ」の地区制に移行。「東日本リーグ」「西日本リーグ」のリーグで2回戦総当たりのリーグ戦を行い、順位を決定。まずそれぞれのリーグの優勝チームを決め、上位4チームが決勝トーナメントに進出。8チームによるトーナメント戦で「真のリーグチャンピオン」を決定する形で覇が競われている。

 2004年に「東日本リーグ」「西日本リーグ」制が導入されてからは、「東日本リーグ」ではホンダエンジニアリングが優勝8回と最多優勝回数を誇り、デンソーが優勝4回で、2012年の第41回大会でトヨタ自動車が優勝した以外は、この2チームが優勝を独占している。

一方、「西日本リーグ」では、ダイワアクトが2010年の第39回大会、2011年の第40回大会と、2年連続でリーグ、決勝トーナメントの「二 冠」に輝き、平林金属も2012年の第41回大会、2015年の第42回大会でリーグ制覇と決勝トーナメント優勝の「二冠」を成し遂げている。

 また、決勝トーナメントでは、西日本勢が過去13大会中11回の優勝を飾る等、完全な「西高東低」の図式があり、「世界最高の左腕」アンド リュー・カークパトリックを擁するダイワアクトが優勝4回と最多優勝。投打に非凡な才を見せ、現在の日本男子ソフトボール界を牽引する松田光を「大黒柱」 とする平林金属が優勝3回でこれに続き、東日本リーグ勢では2007年の第36回でデンソー、2014年の第43回大会でホンダエンジニアリングが優勝を 飾った他は西日本リーグの後塵を拝している。

PageTop