TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
大学日本代表
(JPN Univ.)
0 3 1 0 4 0 4     12
チャイニーズ
タイペイ (TPE)
0 0 0 0 2 3 1     6

JPN Univ.:○#18平原かすみ、#16井本妃里、#17長谷川朋子、#11泉礼花 - #25 澤井 美佑#23清原奈侑
TPE:●#7 チュン フイ リン、#26 チュン アン ジュ、#12 リ ユ リン、#9 リン ス フア、#1 リン イン シン - #41 ルイ シェ メイ

JPN Univ.:(本塁打)#12 中川 なおみ、#7 川村可奈子 (二塁打)#19 長谷川 千尋、#3 岩見 香枝
TPE:(本塁打)#4 リ ス ス

大会最終日、本大会の最終戦、締めくくりの一戦は、大学日本代表とチャイニーズタイペイの対戦となった。

大学日本代表は2回表、相手守備陣の3連続失策で無死満塁とし、一死後、9番・𡈽肥里奈がストレートのフォアボールで押し出し。労せずして1点を先制すると、1番・塚本智名への死球で再び押し出し。2点目を挙げ、2番・長谷川千尋がセンターへ犠牲フライを放ち、三塁走者を迎え入れ、この回ノーヒットで3点を先制した。

大学日本代表は、3回表に4番・中川なおみのソロ本塁打で1点を追加。5回表には、2番・長谷川千尋のレフトオーバーのツーベースを口火に、5本の長短打を集中。4点を追加し、このまま5回コールドで試合終了と思われた。

しかし、チャイニーズタイペイがここから猛反撃。5回裏、代わった井本妃里を攻め、2点を返してコールド勝ちを免れると、6回裏にも、4番・リ ススのソロ本塁打を含む4長短打を集中して3点を返し、3点差まで追い上げた。

大学日本代表は7回表、一死から途中出場の6番・清原奈侑、7番・二階堂夏帆、8番・岩見香枝の3連続長短打で2点を追加。二死後、これも途中出場の1番・川村可奈子がレフトスタンドにトドメのツーランを叩き込み、この回大量4点を挙げ、粘るチャーニーズタイペイを振り切った。

大学日本代表は、昨年の「第1回東アジアカップ」に引き続き、各国の代表チームを相手に堂々たる戦いを見せ、韓国に7-0の5回コールド勝ちを収めたのを皮切りに、中国に5-0、日本には0-1で敗れたものの、最終戦のチャイニーズタイペイ戦も12-6で大勝し、「初代チャンピオン」の名に恥じない戦いを見せた。
また、その試合内容を振り返ると、大会規定(ホスト国での2チーム出場は特例。予選リーグで順位が上のチームが最終順位決定戦に進むことになっており、悪天候で予選リーグのみの実施となり、それを最終順位とすることになった)により、日本との「全勝対決」に敗れた大学日本代表に順位はつかなかったが、今大会で一番輝いたチームであり、優勝した日本代表とともに、日本のソフトボールのレベルの高さ、クオリティの高さを証明した「ベストチーム」であった。

ぎふ清流国体開催記念 第2回東アジアカップ 第4日

大学日本代表 中国戦 スターティングラインアップ
打順 守備 選手 所属 UN
1 CF 塚本 智名 中京大 8
2 LF 長谷川 千尋 鈴鹿国際大 19
3 SS 古澤 春奈 園田学園女子大 6
4 1B 中川 なおみ 園田学園女子大 12
5 3B 山本 絵梨奈 東京女子体育大 13
6 C 澤井 美佑 日本体育大 25
7 DP 二階堂 夏帆 日本体育大 5
8 2B 岩見 香枝 日本体育大 3
9 RF 𡈽肥 里奈 山梨学院大 9
FP P 平原 かすみ 東京女子体育大 18
選手交代
イニング  
4回表 代打 塚本 OUT → 川村 可奈子(園田学園女子大) IN
4回裏 守備変更 代打・川村がそのままセンターの守備に入る
DP・二階堂がサードの守備を兼務
サード・山本がOPO(打撃専門選手)となる
5回表 代打 中川 OUT → 松畑 美希(日本体育大) IN
山本 OUT → 岩㟢 楓(山梨学院大) IN
澤井 OUT → 清原 奈侑(園田学園女子大) IN
5回裏 投手交代 平原 OUT → 井本 妃里(東京国際大) IN
守備交代 代打・松畑がそのままファーストの守備に入る
代打・清原がそのままキャッチャーの守備に入る
6回裏 投手交代 井本 OUT → 長谷川 朋子(中京大) IN
長谷川 OUT → 泉 礼花(園田学園女子大) IN
Video