TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本
(JPN)
0 1 0 0 0 0 0     1
大学日本代表
(JPN Univ.)
0 0 0 0 0 0 0     0

JPN: #17上野 由岐子 - #2 峰 幸代
JPN Univ.: ●#11 泉 礼花、#17 長谷川 朋子 - #23 清原 奈侑

JPN:-
JPN Univ.:-

大会最終日、日本は大学日本代表と対戦。昨年の「世界チャンピオン」が、同じく「東アジアカップ」の記念すべき第1回大会の覇者の「激突」とあって、注目が集まった。

大学日本代表の先発は、「2年連続インカレ優勝投手」泉礼花。いつも通りの冷静で落ち着いた立ち上がりを見せ、日本の初回の攻撃を三者凡退に抑え、上々の滑り出しを見せた。

日本の先発は、もちろん「世界のエース」上野由岐子。先頭打者の塚本智名にいきなりレフト前へ運ばれたものの、2番・川村可奈子には送りバントすら許さず、バント失敗のピッチャーへの小フライで一死。3番・古澤春菜のところでヒットエンドランを敢行するが、これがセカンドフライとなり、スタートを切っていた一塁走者が戻れず、ダブルプレー。こちらも「貫禄」のピッチングで順調な立ち上がりを見せた。

日本は2回表、4番・峰幸代の強烈なサードへの当たりがエラーを誘い、ノーアウトのランナーを出すと、続く5番・大久保美紗の送りバントがフィルダースチョイスとなり、無死一・二塁。6番・永吉理恵のピッチャーゴロで二・三塁へ進塁し、7番・島崎望が初球を狙い、一・二塁間を鋭く破るタイムリー。1点を先制し、なお一死一・三塁と追加点のチャンスが続いたが、8番・小野奈津子はスクイズ失敗の後、浅いライトファウルフライ。三塁走者は動けず、9番・市口侑果もショートフライに倒れ、1点止まり。一気に大学日本代表の息の根を止めることはできなかった。

日本の先発・上野由岐子は、4回裏に自らの失策で一人走者を出した他は、すべて凡打で退け、走者が出れば二度の併殺で切り抜ける等、ほぼ完璧なピッチング。わずか1安打、他にエラーで出塁した走者が一人だけでは、どうすることもできなかった。

一方、追加点のほしい日本は、4回表に先頭打者が安打を放ちながら、それを進めることすらできず、6回表の一死満塁の絶好機でも「あと一本」が出ず、無得点。1点差のまま、試合は最終回を迎えた。

大学日本代表は最終回、この回先頭の1番・塚本智名が三遊間深く転がし、内野安打。この試合2本目の安打で気を吐いたが、次打者の送りバントはフィールディングの上手い上野由岐子の正面を突き、セカンドフォースアウト。3番・古澤春菜がサードの頭上をワンバウンドで越える安打を放ち、一死一・二塁の一打同点、あるいは長打が出れば逆転という場面を作り、詰めかけた満員の観衆を沸かせたが、ここからが「世界のエース」上野由岐子の真骨頂。後続を連続三振に斬って取り、優勝を決めた。

ぎふ清流国体開催記念 第2回東アジアカップ 第4日

日本 大学日本代表戦 スターティングラインアップ
打順 守備 選手 所属 UN
1 CF 河野 美里 太陽誘電 9
2 SS 西山 麗 日立 3
3 3B 林 佑季 日立 5
4 C 峰 幸代 ルネサスエレクトロニクス高崎 2
5 1B 大久保 美紗 ルネサスエレクトロニクス高崎 10
6 RF 永吉 理恵 デンソー 8
7 DP 島崎 望 Honda 28
8 LF 小野 奈津子 日立マクセル 19
9 2B 市口 侑果 ルネサスエレクトロニクス高崎 4
FP P 上野 由岐子 ルネサスエレクトロニクス高崎 17
選手交代
イニング  
2回表 代走 峰 OUT → 相馬 満利(ルネサスエレクトロニクス高崎) IN
2回裏 再出場 相馬 OUT → 峰 幸代(ルネサスエレクトロニクス高崎) IN
※ キャッチャーの守備に再出場
5回裏 守備変更 小野 OUT → 国吉 早乃花(豊田自動織機) IN
※ レフトの守備に入る
市口 OUT → 渥美 万奈(トヨタ自動車) IN
※ セカンドの守備に入る
大学日本代表 日本戦 スターティングラインアップ
打順 守備 選手 所属 UN
1 CF 塚本 智名 中京大 8
2 RF 川村 可奈子 園田学園女子大 7
3 3B 古澤 春奈 園田学園女子大 6
4 SS 山本 絵梨奈 東京女子体育大 13
5 1B 中川 なおみ 園田学園女子大 12
6 DP 澤井 美佑 日本体育大 25
7 C 清原 奈侑 園田学園女子大 23
8 2B 岩見 香枝 日本体育大 3
9 LF 長谷川 千尋 鈴鹿国際大 19
FP P 泉 礼花 園田学園女子大 11
選手交代
イニング  
6回表 投手交代 泉 OUT → 長谷川 朋子(中京大) IN
6回裏 代打 清原 OUT → 𡈽肥 里奈(山梨学院大) IN
7回表 再出場 𡈽肥 OUT → 清原 奈侑(園田学園女子大) IN
※ キャッチャーの守備に再出場
7回裏 代打 山本 OUT → 二階堂 夏帆(日本体育大) IN
Video