TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
チャイニーズ
タイペイ (TPE)
0 0 0 0 0 1 0 1 0 2
日本
(JPN)
1 0 0 0 0 0 0 1 3

TPE:●#7 チュン フイ リン - #4 リ ス ス
JPN:#20 山根 佐由里、○#15栗田 美穂 - #2 峰 幸代

TPE:-
JPN:-

日本の第2戦の相手は、チャイニーズタイペイ。前日、中国に大敗したものの、この日の第1試合で韓国に9-0の5回コールド勝ちを収め、1勝1敗としたチャイニーズタイペイと対戦した。

日本の先発は山根佐由里。その立ち上がり、冷静なピッチングで三者連続の内野ゴロに打ち取り、簡単に三者凡退。好調な立ち上がりを見せた。

日本はその裏、1番・河野美里が死球で出塁。2番・西山麗のところでヒットエンドランを仕掛けるが、これが空振りとなり、チャンスを潰したかに見えたが、俊足・河野美里が盗塁を成功させ、無死二塁。2番・西山麗はツーボール・ツーストライクと追い込まれながらも、しっかりと「進塁打」となるファーストゴロを転がし、一死三塁。ここで3番・林佑季がセンター前にはじき返し、あっさり先取点を挙げた。

これで日本打線が目覚めるかと思われたが、2回裏、3回裏、4回裏は三者凡退。5回裏に、7番・小野奈津子が四球で出塁し、8番・大久保美紗の送りバントで二塁へ進んだが、9番・市口侑果が三振に倒れ、無得点。

一方、日本の先発・山根佐由里は5回までわずか1安打に抑える好投を見せ、このまま逃げ切るかと思われたが、6回表、9番・リン フェン チェンにライト前に運ばれ、次打者を三振に斬って取ったものの、盗塁を決められ、一死二塁。さらにセカンドゴロの間に三塁へ進み、3番・リ ススの完全に打ち取った当たりがセンター前にポトリと落ち、同点。「運」にも見放されたか、1-1の同点のまま、延長タイブレーカーへともつれ込んだ。

チャイニーズタイペイは8回表、犠打でタイブレーカーの走者を三塁へ進めると、8番・リウ ユウ ハンの打席でヒットエンドランを敢行。サード前のボテボテのゴロとなり、サード・林佑季が懸命に処理したが、グラウンドに足をとられ、転倒。どこにも投げられず、オールセーフとなり、連鎖反応か、次打者のセカンドゴロをセカンド・市口侑果がはじき、一死一・二塁。さらに追加点を奪われかねない窮地に陥ったが、ここは7回途中からリリーフした栗田美穂が後続を断ち、その裏の攻撃に望みをつないだ。

日本はその裏、7番・小野奈津子が二度の送りバント失敗の後、二遊間を抜けるかというヒット性の当たりを放ったが、これはセカンドの好守に阻まれ、一死三塁。8番・大久保美紗が初球のスクイズを失敗した後、2球目にヒットエンドランを決め、三塁走者が生還。何とか同点に追いついた。

9回表、チャイニーズタイペイの攻撃は、先頭打者が三遊間を襲う痛烈なライナーを放ったが、名手・西山麗がダイビングキャッチ。北京オリンピックの金メダリストであり、昨年の世界選手権優勝に貢献した「歴戦の勇者」のビッグプレーが試合の流れを変え、次打者を6-4-3のダブルプレーに打ち取り、得点を許さず。

その裏、故意四球、3番・林佑季のセンター前ヒット等で一死満塁の一打サヨナラのチャンスをつかむと、4番・峰幸代がスリーボール・ノーストライクと後のなくなったチャイニーズタイペイバッテリーのストライクを取りにきた一球を見逃さず、センター前にはじき返し、劇的なサヨナラ。苦しみながらも粘るチャイニーズタイペイを振り切り、3-2で辛勝し、2勝目を挙げた。

ぎふ清流国体開催記念 第2回東アジアカップ 第3日

日本 チャイニーズタイペイ戦 スターティングラインアップ
打順 守備 選手 所属 UN
1 CF 河野 美里 太陽誘電 9
2 SS 西山 麗 日立 3
3 3B 林 佑季 日立 5
4 C 峰 幸代 ルネサスエレクトロニクス高崎 2
5 DP 佐藤 みなみ 太陽誘電 26
6 RF 島崎 望 Honda 28
7 LF 小野 奈津子 日立マクセル 19
8 1B 大久保 美紗 ルネサスエレクトロニクス高崎 10
9 2B 市口 侑果 ルネサスエレクトロニクス高崎 4
FP P 山根 佐由里 トヨタ自動車 20
選手交代
イニング  
7回表 投手交代 山根 OUT → 栗田 美穂(豊田自動織機) IN
9回裏 代走 市口 OUT → 永吉 理恵(デンソー) IN
Video